かたつむり学舎のぶろぐ

本業か趣味か、いづれもござれ。教育、盆栽、文学、時々「私塾かたつむり学舎」のご紹介。

定点観測(41) 成長の記録

 今年もまた一枚、立派な「盾」を授与された子の写真を教室に飾る。

 今度のはよく撮れている、表情が好い! なんて比較対象が出来るのは、その子の写真のこれが一枚目ではないためである。

 常連ともなると二枚、三枚は当たり前。教科毎に盾は来るし、トロフィーだってジャンジャン届く。その都度写真を撮っているわけだから、自然教室の壁が写真館の様相を呈してくる。

 これは三年生の時の、そしてこれは去年の・・。そうしてプリントしたのをお家にも一枚差し上げているから、去年のを撮る時はきっと「もっとにっこり笑うべし」とご母堂からアドバイスが入ったものと思われる。

 そして今年のは、過去二年を足して二で割ったような、実に端正な表情である。あどけなさを感じさせた輪郭の円みが薄れて、しゅっとした感じ。この子も、もう立派なお姉さんになったんだなぁ、と親戚のおじさんみたいな感慨に浸ることしばし。

 それにしても、背景はどれも同じ教材棚の前なのだけれど、微妙に何かが違う感じがする。アングルがズレているのもあるけれど、やっぱり頭の位置がわずかに違っている。

 よく見ると、教材を入れるため等間隔に配された棚板数枚分、頭の位置が変わっているのである。二年前と今では棚板二枚分、プリントにして約四十枚分も背が伸びていることになる。

 これぞまさしく成長の記録。「定点観測」の面目躍如である。身体もそして頭も、プリント四十枚分ではきかない位に成長著しいということであろう。

 さて、今年はこの教材棚の前で誰の成長を記録しようかしら。