かたつむり学舎のぶろぐ

本業か趣味か、いづれもござれ。教育、盆栽、文学、時々「私塾かたつむり学舎」のご紹介。

ブカツ哀詩 解放への道

 部活動を完全に外部化して、学校教育から切り離すべし!

 いま教育現場が求めているのは、小手先の働き方改革ではなくて、こびり付いた悪弊を見直す構造的な改革なのです。

 毎日六時間目まで、ほぼフルコマの授業を終え、一息つく間もなくブカツがはじまる。顧問の教員は自分の仕事や、明日の授業準備も後回しにして、そっちへ張り付かなければなりません。

 ブカツが終わって午後六時、彼らがようやく自分の仕事に専念できるのはそれから。しかし、よくよく考えてみれば、すでに午後五時の勤務解除時刻も過ぎて、残業タイムに突入してしまっているのです。

 指導案を練るのも、成績を付けるのも、メンドウな学校行事の準備をするのも、すべてが残業タイムになってしまう構造的な問題がここにあるのです。

 しかも、そんな毎月百時間を軽く超えるのが当たり前な残業には、一切残業手当が付かないのです。全国の教員にきちんと残業代を出したら、きっと国の財政がぐらつくことでしょう。

 最近では中学生だって「教員って、ブラックっすよね」なんてことを言うようになりました。さすがは、土日もブカツに駆り出される教員の姿を、一番近くで目の当たりにしているだけのことはあります。

 学校の先生に求めるもの、それはプロスポーツ選手を育成する能力でしょうか。

 そんなことは、学校の外で然るべきコーチに頼むことです。

 教員は素敵な授業をしてナンボ。そのためには、適正な勤務時間内で最低限度の仕事を終えられる環境作りが必須なのです。

 では、その環境を作るためにはどうすればよいのでしょう?

 答えは簡単です。教員の肩から部活動という重荷を外せばよいのです。そして部活動そのものを一端廃止してしまって、スポーツ少年団など外部のスポーツクラブ化してしまえばよいのです。

 そうすることによって、従来通り部活動をガンガンやりたい生徒は、自らの意志決定のもと、学校の外で各々の活動に取り組むようになるでしょう。

 また、今まで部活動に拘束されていた生徒は、勉強に専念するなり、塾に通うなり、自分の趣味を深めるなり、自分の時間を柔軟に使うことを考えられるでしょう。

 部活動はあくまで選択肢の一つとして、義務などではなく、好きな人が好きなクラブに所属すれば、それでいいではありませんか。いま盛んと謳われている多様性を認めることとは、そういうことであるはずです。

 生徒のために、そして彼らの良き理解者たるべき教員のためにも、部活動には一度学校の外へ退場してもらうことが求められているのです。

katatumurinoblog.hatenablog.com

盆・再考 同好会へようこそ

 孤高のぼっちプレーヤーを選ぶか、にぎやかなサークルを選ぶか。それはあらゆる趣味において提示される選択肢であるかもしれません。

 せっかくの趣味なのだから、誰に気兼ねするともなく、自由に気ままに愉しむというのもアリ。同好の士という最良の話し相手と、尽きせぬ談義を通して互いに刺激し合うというのもアリ。いずれに軍配が上がるというわけでもないけれど、もちろん好みは分かれます。

 私の場合はどちらかと言えば前者。一人ぼっちで盆栽らしきものを買い、初心者向けの参考書を探し求め、とにかく巻いてみたい一心で針金を揃え、悪戦苦闘しつつ二年ほどソロ活動にいそしみましたが、気がついたら「盆栽同好会」に所属して早五年の月日が経とうとしています。

 わが同好会は会員が減ったり減ったり、ちょっと増えたりをしながら、何とか活動を続けています。

 月二回の教室と、年二回の展示会が主な活動ですが、最近は流行病やら公民館の建て替えで施設を追いやられたり、何かと強めの外部刺激を受けながらも、へこたれることなくやっている次第で。

 盆栽は鉢に樹を入れた時点から、とにかく枯らさないという絶対的なルールがつきまとうもの。だから毎日最低限の世話はするものの、私の場合ともすれば雑草を抜かなかったり、「そのうちに」なんて言って肥料の時期が遅れることもしばしば・・・。

 そんな時に私の尻を、ぽおんと叩いてくれるのが同好会であり、一回りも二回りも年が離れた友人達なのです。

 最近自分の身近にあった盆栽あるあるを語ったり、手入れを教わったり、改作の相談をしたり。そんなことをしているうちに、無性に樹をいじりたい気分になっている自分を発見して、がぜん創作意欲がわいてくる。

 刺激し、刺激され、互いに異なる美的感覚をおおらかに肯定しながら、今日も私は真新しい公民館に昔ながらの盆栽用具をガラガラと運び込むのです。

 さあ、そこのあなたも、同好会へようこそ。
 

些事放談 ランドセル今むかし

 昭和十年生まれ、私のおばあさんは坂の上からランドセルを投げられました。

 周りがみんな風呂敷包みを提げている中で、一人だけ革製のランドセルを背負っていたわけですから、まぁ、それも仕方がない話で。

 時代は下って現在、ランドセルを背負っていない子供など、どこを捜したって見つかりません。

 はち切れんばかりに膨れたランドセルと、水筒と、体操着の袋を背負ったり掛けたりしながら登校する彼らの姿は、さながらどこか山登りに行く風情で。これを称して「登校」と言うのだったかしら、と一瞬ホンキで信じてしまいそうになる自分がいます。

 それでも、自分が子供の頃もこんな感じで、人々はランドセルに背負われていたかしら。そもそもランドセルはあんなに大きかったかしら。

 と思い返すと、確かに黄色い帽子の頃は誰しもそんな感じではありましたが、高学年にもなるとランドセルはお煎餅みたいにぺしゃんこになって、大きくなった彼らの肩に引っ掛かっているのが当たり前でした。

 そして、何よりあの頃のランドセルは、ぺしゃんこになれるだけの余裕がありました。

 今の子供達のランドセルを、みなさんは抱えてみたことがおありでしょうか?

 喩えるならば、それは漬物石みたいなずっしり感で、いったい何が入っているのかと尋ねてみたくなる重さです。まず尋ねたところで、内容物など教科書にノートと幾ばくかの副教材なのですが、問題はその大きさ。

 かつてはA5サイズくらいで収まっていたのが、今ではみんな巨大化してしまってA4サイズが普通になってしまっているのです。学習内容が多くなって、ページ数が増えているとは言え、それ諸共にサイズアップしてしまっては、ひたすら重くなる一方です。

 子供は老眼とは無縁なのだし、そんなに大きくしないでもいいのじゃないか、と思うのは私だけなのでしょうか。

 人生は重き荷を背負って遠い道を行くようなもの、と誰かが言っていましたが、別に子供にそんなバカでかくてムダに重たい荷を負わせたって、一文の得にもならないことは分かりきっています。

 大きくなる教科書に合わせていれば、ランドセルはいつまでも巨大化していくわけです。もう少し彼らの視力を信じて、教科書のサイズダウンを検討すべきなのじゃないか、と思う今日この頃です。

定点観測(23) うさ子の大脱走

 今日もうさ子が逃走を目論んでいる。

 スキあらば幼児席を飛び出して、大人の尻と尻のあいだをかい潜って、自由への逃走がはじまる。

 まぁ、彼女にとっては教室へ来ることも、座ってお勉強することも遊びの延長なのだから仕方がない。最近は心なしか目鼻立ちもくっきりしてきて、例のつぶらな瞳にもなおさら確たる意志が感じられるようになった。

 そんな確たる意志のもと、あんまりうさ子が逃走を繰り返すので、この小さなスティーブ・マックイーンを幼児席に釘付けにするために、妻がその出入り口を塞ぐ塩梅で陣取る。早くも異変を察知したうさ子は、いぶかしげな表情で「ちぇんちぇいは、こっちー」と妻の座席変更を申し出るのだが、もちろんそんなことは承知しない。

 たまりかねたうさ子は、妻が読んで聞かせる音読もそっちのけ、あっちこっちきょろきょろ見回しながら、逃走経路を練っている。流石にこれは無理だろう、と私もうさ子がいよいよ観念するさまを見む、と注目していたところ、何と彼女がとんでもない実力行使に出たのである。

 がちゃーん、と筆箱が落っこちる音が響いた。何事か、と音のした方を振り向けば、うさ子が幼児机の上に腹ばいになっている。何があった、という感じであるけれど、素敵にダイナミックである。

 すると、うさ子は器用なことにそのまま机上をローリングして、よっこらしょ、っと最後の障壁を乗り越えようとしているではないか。

 なるほどそう来たか「アッパレ!」ではなくて、妻は「喝!」とばかりに転がるうさ子を取り押さえて、何事もなかったかのように座席へ戻す。流石は首都圏の小学校で五、六年と揉まれただけはある。戻された脱走王は、ニヤリと不敵な笑みを浮かべて、妻の読む「ウシガアルク」を聞いている。

katatumurinoblog.hatenablog.com

作文の時間(7) こんなのどうかな?

 作文は「マネ」をすることで上手くなります。

 いや、「マネ」をしないことには、上手くなるわけがないのです。

 好きな絵本の語り口、どこかで聞いた言い回し、気に入った文章、これらはどんな教科書よりも雄弁に作文のいろはを教えてくれます。

 以前お話ししたように、作文とはアウトプット(表現)の勉強です。自分の頭の中にある、書きたいネタを、自分の知っている言葉で、自分が使える文型を用いて文章にしていく作業が「作文」というもの。

 いかに起承転結を教えたところで、何も書けない子が出てしまうのは当たり前。知っている言葉が少なければ、そして使える型(カタ)の持ち合わせがなければ、作文はどこまでも不自由で、つまんなくてツライ作業になっていきます。

 そうです、だからこその「マネ」なのです。

 オトナの口調をマネる子供は、そこから新たな言葉を輸入していると言えます。それを突拍子もない場面で披露して笑われるのは、その言葉の使い方がイマイチ分からなくて、こなれていないからに外なりません。

 このような経験を繰り返して、子供は言葉を増やしていくわけですが、それは文章の作り方を学ぶ場面においても全く同じことなのです。

 文章表現、文章のスタイル、区切り方を身につけたいのであれば、パクリと言われようが何と言われようが、まずは「マネ」てみなければ、その文体を使ってみなければ、何もはじまらないのです。

 ですから、もし作文の教材を作るとしたら、それは子供達に「お、これ、パクってみようかな」と思わせるようなものでなければなりません。

 オノマトペだとか、描写の仕方だとか、比喩だとか、とにかくあらゆる具体例を盛り込んだ「こんなのどうかな?」を見せる。さすればきっと、原稿用紙に踏み出す彼らの一歩に、少なからざる追い風が吹くはずなのです。

教育雑記帳(12) 見る親、見ない親

 「うちの子が早く次のステップに行きたいと言っていて、」

 さて、この後に続く言葉を想像してみてください。

 なるほど、これはポジティブにもネガティブにも、どちらにでも転びうるフレーズであります。公文の教室をしていると、年に数回はこの手の相談が寄せられるわけですが、正直なところ「もっと頑張りたいと言っています。」なんという風に転ぶことはまずありません。

 決められた時間内に、正確に解ききることが出来なければ、次へ進むことは出来ないというのが、「公文式」です。それがクリア出来るまで、少し戻って復習したり、数をこなすことで地道に基礎学力を積み上げる方針は、まさに筋力トレーニングのようなものでしょう。

 「うちの子が早く次のステップに行きたいと言っていて、もうこのプリントを何度もやっているようで、早く自分の学年レベルに追いつきたいのに、それが出来なくてイライラしているみたいで。」

 というのが、かつて寄せられた相談の一例なわけです。

 いかがでしょうか、まず以てこれは「子供が言っている」というスタンスですが、ぶっちゃけ親の要求でもあるわけです。学年相当の学習レベルに達しない進捗状況にイライラしているのは、およそのところ親御さんの方なのです。

 しかもこの親御さんは、わざわざそうした要求をしてくるにも拘わらず、当の子供が教室へ持ってくる宿題は抜けがひどかったり、紛失していたり・・・とてもじゃないけれど、そんな家庭学習を通してはかばかしい効果が上がるわけがありません。

 つまるところ、子供の学習状況を把握できないまま、この親御さんは「次のステップ」にばかり拘ってしまっているのです。

 教室に通わせていれば自動的に成績が上がる、と思ったら大間違い。大事なのは、お家でしっかり親御さんが子供の頑張りを監督し、見守ってやることに尽きます。

 そうすれば、まかり間違っても「うちの子ならもう次のステップに行って然るべきだ」というような先入観にとらわれることもありませんし、子供の等身大の学力を把握して、復習の必要性を理解できるはずなのです。

 早く学年相当のレベルに追いつきたい、と思うのは学習が遅れている子供とその親御さんにとっては当たり前の感情でしょう。しかし、そもそもその遅れは基礎学力が十分に定着していないがために起こったものに外なりません。

 ですから、基礎を叩かないまま学年の学習をしたところで、土台が腐っているわけですからどだい無理な話になってしまうのです。

 親が子に寄り添い励ましつつ、一緒に基礎学力のトレーニングに付き合ってやることではじめて、「マジな親」の姿を目の当たりにした子供がマジになってくれるのです。
 

軍隊学校之記(9) 軍隊学校VS.防衛大

 私、防衛大学校を受験したことがあるのです。

 と言うと知人たちには「え? マジすか?」という反応をされます。彼らから霞を食って生きていると称される私なれば、それはまぁ当たり前なのですが、もそっと正確に述べるならば、私は防衛大学校を団体受験したのです。

 今もそんな事をやっているかは知れませんが、かつてわが軍隊学校は上位クラス全員で防衛大を受験する、という風習があったのです。もちろんこれは軍隊っぽいから、とか何らかの思想上の理由からではなく、それはあくまで模試の一環のようなものであり、受験前の試金石みたいなものとして位置づけられていたのです。

 防衛大の一次選考(筆記試験)がパスできれば、これこれのレベルの大学が安全圏という事が判る。しかも防衛大は受験料がタダである、という理由から学校のバスで団体受験しに来るバチ当たりな集団は、全国捜してもそうそう居らぬことでしょう。

 同じ地方会場に居合わせた受験生が、詰め襟姿の私たちを「なんだコイツら」とガン見していたのを生々しく覚えています。そんな姿の集団がぞろぞろ自衛隊の施設に入っていく光景なぞ、ぱっと見、三島由紀夫の「盾の会」より外の何ものでもありませんから(笑)

 無事、一次選考通過の通知が届くと、もちろん二次選考にも赴かねばならぬのが礼儀というもの。中には二次試験をすっぽかしたことが露見して、菓子折持参で謝罪に行った不逞の輩もありましたが、最寄りの駅から自衛隊の方々に丁重に送迎してもらって駐屯地へ輸送された次第で。

 試験内容は小論文、面接そして適性(身体)検査というものがありました。小論文はお茶の子さいさいで片付けたものでしたが、後の二つがどうにも鬼門でありました。

 せっかく防衛大に入るチャンスがあるのなら、愛読書『孫子』をはじめとする古今東西の兵書についての研究がしたい、とかなり本気で考えていた私は、面接の席上にもれなく自らの思うところを述べたわけなのですが、面接官のお二人はどういうわけかキョトンとしている。

 寧ろこちらはそんな反応をされるなんて思ってもみないから、さらに熱く兵書研究の必要性を述べたところ「あのー、君ねぇ、国防に携わるって、わかってるよね?」と実に失礼な返答をされ「ええ、もちろん、そのために研究する意義があるのです。」と切り返したわけですが、私が言ったことがそんなにヘンだったのか、いまだに分からないのです。

 そんなこんなで、私の防衛大受験は終わり、二次選考を受けに行った同級生の中で私だけが不合格でした。

 面接後の適性検査にいたっては、それこそ恥を晒しに言ったようなもので、体格も色々足りなければ、かつて患った肺炎の影響から肺活量も基準値に満たない。結果は分かりきっていたけれど、不合格のお知らせは如何な大学であっても、やっぱりイヤなものでありました。